謎のesper情報

esper総合ブログ(爆)

ちはやふる 第14首「はなよりほかにしるひともなし」

ちはやに惚れるましまくん。

かなちゃんに惚れるにくまんくん。

対する主人公の恋愛感情のなさ。

この対立構造が今回は際立っていた。

原作未読なのだけども、ちはやのかるたへの想いが恋愛感情に転ずることがあるのかどうかが、物語構造的に気になるところだ。

クイーンから一枚も取れないことを「こんなの初めて」と思った後で、初めてではないことを思い出すちはや。

ちはやのかるたへの想いはイコール新への想いでもある。