読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のesper情報

esper総合ブログ(爆)

ジョジョの奇妙なコンセプト

コンセプチャルスキルの練習するよ。

  • 進撃の巨人:死中に活。
  • ガルガンティア:別れとそこにある思い。

レドが同盟に帰ることが出来ないという別れ、船団長の死という別れと、船団自体が別れること、そしてそれに伴うレドとエイミーの別れ。

それらが重奏的に描かれた回だった。

  • VVV:コーティングされた伏線回。

エルエルフの過去やヴァルヴレイヴを知る組織、謎のアバンタイトルなど、様々な伏線が張り巡らされながらも、エルエルフの未来予知スゲー、眼鏡ちゃんうわーというインパクトで、考察しようという気を起こさせない。

かなりのシリアス性、ミステリー性を持っている持っている作品だが、エンターテイメント性でそのシリアスを塗りつぶす。

この多重構造性はこの作品の強烈な魅力であり、かつ、ダメな人はダメ、なところでもある。

  • ヤマト:弱者の戦争。

前線で闘うのは敵も味方も弱者ばかり。

デスラー総統の余裕を印象づけた。

Aパートは歩いて歩いて歩いて歩く。洗濯してシャワーを浴びる。だいたいそんだけ。

教室がどうなるか知りたい(でも知りたくない)という春日の心を追体験させらるようだ。

ほとんど話が進んでないぞ!